第三石油類とはどのような物質? 特徴などを詳しく解説します。

第三石油類とは、危険物第4類に分類されている引火性液体の一種です。引火性液体には石油を原料とする物質が多いので、引火点によって第1~第4まで分類されています。危険物取扱者乙種4類を受験する方にとっては、覚えなければならないこともたくさんあることでしょう。
そこで、今回は第三石油類の種類や特徴等をご紹介します。

  1. 危険物第4類とは?
  2. 第三石油類の特徴などについて
  3. 危険物取扱者乙種4類の資格取得方法
  4. 第三石油類に対するよくある質問

この記事を読めば、試験対策にも役立つことでしょう。危険物取扱者乙種4類の取得目指して勉強をしている方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物第4類とは?

危険物とは、消防法で取り扱い方や保管方法が規制されている可燃物の総称です。物質の特徴によって6種類に分類されており、第4類は引火性液体が分類されています。引火性液体とは、文字どおり引火しやすい液体のことであり、私たちの生活には欠かせないガソリン・灯油・軽油なども引火性液体です。引火および引火点に関する詳しい説明は、次の項で行います。
前述のとおり、引火性液体には石油を原料とした物質が多く指定されているため、引火点によって第1石油類から第4石油類に分類されているのです。
なお、危険物第4類は、第1~第4石油類以外に、特殊引火物・アルコール類・動植物油類の分類されています。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?