ガソリンと軽油の違いは何? それぞれの特徴や取り扱い方の違いとは?

ガソリンと軽油は、どちらも自動車の燃料として使われており、ガソリンスタンドで販売されています。では、ガソリンと軽油の違いは何か? と聞かれたらどうでしょうか? 即座に答えられる人は少ないと思います。危険物取扱者の資格試験を受ける場合、危険物それぞれの特徴を知っておかなければなりません。
そこで、今回はガソリンと軽油の違いについて解説します。

  1. ガソリンの特徴や性質とは?
  2. 軽油の特徴や性質とは?
  3. ガソリンと軽油の違いについて
  4. 危険物取扱者の資格取得方法
  5. ガソリン・軽油と危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、ガソリンと軽油の違いはバッチリです。危険物取扱者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ガソリンの特徴や性質とは?

ガソリンとは、原油を加熱して蒸留した際、沸点が30~220℃の原油留分から得られる物質のことです。原油にはいろいろな成分が混合しているため、蒸留の温度を調節することにより、ガソリン・灯油・軽油・重油などを抽出します。日本ではガソリンを日本工業規格(JIS)により、工業用ガソリン・自動車用ガソリン・航空ガソリンの3種類に分類しているのです。この中で、最もおなじみのものが、自動車用ガソリンでしょう。自動車だけでなくバイクや農機具などにも使用されています。
ガソリンの特徴は、以下の通りです。

  • 引火点が低い(自動車用はマイナス40℃)
  • 沸点が低い(自動車用で40℃~220℃)
  • 比重が水より軽い
  • 水に溶けない
  • 特有の臭気がある
  • 有鉛ガソリンには毒性がある
  • 危険物第4類・第1石油類に分類されている

危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?