危険物取扱者を取得するための勉強時間はどのぐらい? 勉強のコツは?

危険物取扱者は、消防法で指定された危険物の取り扱いや保安監督業務を行える国家資格です。学生から社会人まで幅広い世代に人気があり、就職や転職の武器にしようと取得を目指す人もいます。その一方で、「資格を取得したいけれど、勉強時間が確保できない」と悩んでいる人もいるでしょう。
そこで、今回は危険物取扱者の資格取得までに必要な勉強時間や資格取得方法、さらに勉強のコツなどを解説します。

  1. 危険物取扱者とはどのような資格?
  2. 危険物取扱者の職務について
  3. 危険物取扱者の資格取得方法
  4. 勉強時間の目安等について
  5. 危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法もよく分かるでしょう。危険物取扱者の資格取得を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者とはどのような資格?

前述のとおり、危険物取扱者とは危険物の取り扱いや保安監督業務を行える国家資格です。危険物とは、保管や取り扱い方法を間違えると火災や爆発の可能性が高い物質のうち、消防法によって「危険物」と指定されている物質の総称になります。私たちの身近にある物質では、ガソリン・灯油・軽油などです。危険物にはそれぞれ「指定数量」が定められており、指定数量を超える量の危険物を取り扱ったり保管したりする場合は、危険物取扱者の資格が必要になります。
ガソリンスタンドや工場など、指定数量以上の危険物を保管したり取り扱ったりしているところはたくさんあるので、資格を取得していれば、転職や就職に有利です。また、資格手当をつけるところも多いので、資格を取得すれば給与や時給がアップすることもあるでしょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?