タンクローリーの運転手になりたい! 必要な資格や取得方法とは!?

タンクローリーとは、主に石油やガスといった液体や気体を運搬する特殊車両です。街中を走っているのを見たことがある、という人も多いでしょう。タンクローリーを運転することができれば、転職や就職に役立つと考えている人もいると思います。では、タンクローリーの運転手になるには、どのような資格が必要なのでしょうか?
そこで、今回はタンクローリーの運転手になるために必要な資格について解説します。

  1. タンクローリーの運転に必要な資格とは?
  2. 危険物取扱者の資格について
  3. タンクローリーや危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、資格の取得方法までよく分かることでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.タンクローリーの運転に必要な資格とは?

タンクローリーは、大型車に分類されます。ですから、普通自動車免許では運転できません。大型免許が必要です。また、車両総重量が750kg以上を超える車両を運転する場合は、けん引免許も取得しておく必要があります。
さらに、タンクローリーに積みこむ荷物によって、以下のように必要な資格が異なるので、注意が必要です。

  • ガソリン・灯油・軽油など:危険物取扱者
  • 毒物:毒物劇物取扱責任者
  • ガス:高圧ガス移動監視者講習を受ける。または、高圧ガス製造保安責任者

この中で、最もタンクローリーに積まれる機会が多い物質といえば、ガソリンや灯油・軽油などの危険物です。全国各地の製油所からガソリンスタンドへガソリンや軽油などを配送する場合などに、タンクローリーは活躍します。ですから、まず危険物取扱者の資格と大型車の免許を取得すれば、タンクローリーの運転手になることができるでしょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?