【必見】石油会社に就職するコツは? 資格取得で有利に進めよう!

石油会社は、景気の波に影響を受けにくく好待遇であることから、安定して長く働くことを望む就職希望者から高い人気を誇ります。希望どおりの会社に就職を果たすためには、ライバルたちより有利な条件を備える必要があるでしょう。たとえば、実務に役立つ資格を取得することもひとつの方法です。しかし、どんな資格が有利になるのかなど、よくわからないことも多いでしょう。そこで、今回は、石油会社に就職するコツについて、必要な資格取得の内容も含めて詳しく解説します。

  1. 石油会社について
  2. 石油会社の就職について
  3. 石油会社へ就職するには
  4. 石油会社の就職と危険物取扱者
  5. 危険物取扱者の試験について
  6. 石油会社の就職でよくある質問

この記事を読むことで、石油会社への就職を実現するために必要な知識が身につき、有利に進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.石油会社について

最初に、石油会社について詳しく学びましょう。どんな種類があるのか、仕事内容や職種などを含め、詳しく解説します。

1-1.石油会社とは

石油会社とは、石油の輸入・精製・販売を行う会社のことです。日本では、石油の99.7%を海外からの輸入で対応しています。石油は、ガソリンや灯油・プラスチック製品の原料となるため、私たちの生活に必要不可欠です。石油製品の安定した価格と供給量を守るためにも、石油会社が存在する意味は大きいと言えるでしょう。

1-2.石油会社の種類

石油会社には、以下のような種類があります。それぞれの業務内容も参考にしてください。

  • 石油元売り会社:原油および石油製品の輸入・精製・販売
  • 石油開発会社:原油の開発および生産
  • 石油精製会社:ガソリン・灯油・エンジンオイルなど石油製品の製造
  • 石油輸送会社:鉄道・タンクローリーなどによる石油製品を運送
  • 石油販売会社:ガソリンスタンドなどによるガソリン・灯油などの販売

1-3.石油会社の仕事内容や職種について

石油会社でも、さまざまな仕事内容や職種があります。石油会社を就職先として希望した場合、入社後に何をしたいのか、明確に考えておくことが大切です。なお、主な職種については以下を参考にしてください。

  • 石油精製や製造に関する技術職
  • 技術営業職
  • 営業職
  • 総務・人事・経理・法務などバックオフィス部門の職種

1-4.石油会社の魅力

石油会社の魅力は、人々の暮らしに大きく役立つ分野であることのやりがいと、国内だけでなく海外も含めて幅広い活躍ができる点にあります。また、取り扱う金額が大きいため、自分が世界を動かしている気分を味わうことも可能です。仕事は決して楽ではないものの、やりとげたときの達成感を味わうために一所懸命に働いている人も多くいます。

1-5.石油会社のデメリット

石油会社のデメリットは、主に以下のようなものがあります。

  • 就職希望者が多いので採用を勝ち取るのが難しい
  • 希望の職種で採用とならない場合がある(例:技術職希望なのに営業職配属など)
  • 英語が苦手・嫌いな人には将来性が狭まる

1-6.石油会社の最近の傾向

石油会社同士の吸収・合併が繰り返され、世界での競争力を維持するための動きが続いています。また、石油以外のエネルギーに関しても注目しており、天然ガス分野への参入を検討するなど、総合エネルギー会社としての道を探っているのです。将来、石油が枯渇した場合にも生き残るために、各社でさまざまな取り組みを進めています。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?