危険物取扱者の複数受験とは? 試験内容・勉強のコツなどを解説

危険物取扱者とは、消防法で規定する危険物の取り扱い・定期点検・保守の監督を行うために必要な国家資格です。資格を取得するためには、危険物取扱者の国家試験に合格しなければなりません。危険物取扱者の資格種類はいくつかあり、同時に複数受けることも可能です。ただし、資格種類によって受験資格が異なるため、事前に把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、危険物取扱者の基礎知識・試験内容・複数試験の組み合わせについて解説します。

  1. 危険物取扱者の基礎知識
  2. 危険物取扱者の試験について
  3. 危険物取扱者の複数受験とは
  4. 危険物取扱者の複数受験の受け方
  5. 危険物取扱者に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者の試験や複数受験について分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.危険物取扱者の基礎知識

まずは、危険物取扱者の資格がどんなものなのか詳しくチェックしておきましょう。

1-1.資格概要

危険物取扱者とは、消防法に基づく危険物の取り扱いや、その取り扱いに立ち会うために必要な国家資格です。消防法では、火災の危険性が高い物質をまとめて「危険物」として指定しています。指定された危険物の取り扱いができるのは、危険物取扱者だけです。一定数量以上の危険物を貯蔵し、取り扱う化学工場・ガソリンスタンド・石油貯蔵タンクなどの施設には、必ず危険物取扱者を置かなければなりません。

1-2.種類について

危険物取扱者の種類は、甲種・乙種・丙種(へいしゅ)の3種類があります。資格種類によって、取り扱いができる危険物が異なるので注意してください。それぞれの資格について、以下にまとめてみました。また、乙種は、第1~第6類に分かれます。

<甲種>

  • すべての種類の危険物取り扱いと立ち会いができる

<乙種>

  • 乙種第1類:酸化性固体(塩化酸カリウム・過マンガン酸カリウム・次亜鉛素酸ナトリウムなど)
  • 乙種第2類:可燃性固体(硫黄・マグネシウム・赤リンなど)
  • 乙種第3類:自然発火性物質および禁水性物質(ナトリウム・リチウム・黄リンなど)
  • 乙種第4類:引火性液体(ガソリン・灯油・軽油など)
  • 乙種第5類:自己反応性物質(ニトログリセリン・トリニトロトルエンなど)
  • 乙種第6類:酸化性液体(過酸化水素・硝酸など)

<丙種>

  • 第4類に属する危険物のうち、ガソリン・灯油・軽油・第3塁石油類・第4石油類および動植物油類だけ取り扱いができる。立ち会いはできない

1-3.必要性・メリット

前述したとおり、危険物を取り扱うためには危険物取扱者の資格が必要です。危険物を取り扱っている施設などでは、危険物取扱者を必要としています。資格を取得すれば、就職・転職に有利な状況になるでしょう。また、社会的地位が得られる国家資格なので、キャリアアップも期待できます。経験を積むほど、年収がアップする可能性もあるでしょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?