危険物取扱者の甲種は就職に有利? 就職先や資格取得のコツを解説!

危険物の取り扱いができる国家資格「危険物取扱者」の種類には、甲種・乙種・丙種(へいしゅ)の3種類があります。この中でも最も難易度が高く、幅広い職場で有利となるのが甲種です。甲種危険物取扱者は、すべての危険物の取り扱いと保管ができます。乙種と丙種は取り扱いができる危険物が限られているため、働く現場も限られているのです。つまり、甲種を取得すれば、就職・転職に有利な状況となるでしょう。しかし、危険物取扱者甲種の就職傾向や就職先はどのようになっているのか気になるはずです。そこで、本記事では、危険物取扱者甲種の就職を解説します。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?