危険物取扱者の資格を活かせる仕事を解説! 資格取得方法も紹介

危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができる資格です。有資格者を必要としている職場は多いので、資格取得を目指している人はたくさんいます。その一方で、「危険物取扱者の資格に興味があるが、資格を活かせる仕事がよく分からない」と思っている人もいるでしょう。
そこで、今回は危険物取扱者の資格を活かせる仕事や、資格取得の方法を紹介します。

  1. 危険物取扱者の有資格者にできることとは?
  2. 危険物取扱者の資格を活かせる職場とは?
  3. 危険物取扱者の資格取得方法
  4. 危険物取扱者を活かせる仕事に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格を取得するメリットもよく分かるはずです。危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.危険物取扱者の有資格者にできることとは?

はじめに、危険物取扱者を取得するとできる仕事や、資格区分などを紹介します。

1-1.危険物取扱者の有資格者ができる仕事

前述したように、危険物取扱者の資格を取得すると危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができます。危険物というと化学薬品や、劇薬のようなイメージを持つ人もいますが、ガソリンや灯油も危険物の一種です。危険物は、それぞれ消防法によって「指定数量」が決まっており、指定数量を超える危険物を保管したり取り扱ったりする職場では、有資格者の選任が必要になります。また、実務経験を積めば危険物を取り扱う際に保安監督業務を行うことができる、危険物保安監督者の選任を受けることが可能です。
さらに、危険物の保管施設や取り扱い施設を消防署が点検を行う際、立ち会いを求められます。職場によっては危険物に関する安全教育を任されることもあるでしょう。

1-2.危険物取扱者の種類

危険物取扱者には、以下のような資格区分があります。

  • 甲種:すべての危険物の取り扱い・保安監督業務を行うことができる
  • 乙種:1~6類に分かれており、取得した類の危険物の取り扱い、保安監督業務を行うことができる
  • 丙種:危険物第4類に指定されている引火性液体のうち、ガソリンや灯油など一部の物質の取り扱いができる。ただし、保安監督業務は不可能

ちなみに、危険物取扱者といえば「乙4」が有名ですが、これは乙種4類(ガソリン・灯油・軽油等の引火性液体の取り扱いが、可能)の略です。

1-3.危険物取扱者を取得するメリット

危険物取扱者を取得すれば、仕事の幅が広がります。職場によっては資格手当をつけてくれるところも多いでしょう。アルバイトやパートの場合は、自給がアップしやすくなります。特に、甲種や乙種を複数取得していると転職の武器としても大いに役立つはずです。危険物取扱者は人気の資格なので、特に乙4は参考書もたくさん販売されています。まず乙4を取得し、その後ほかの乙種に挑戦してみるのもおすすめです。

2.危険物取扱者の資格を活かせる職場とは?

危険物取扱者の資格を活かせる職場といえば、ガソリンスタンドを思い浮かべる人が多いと思います。確かに、ガソリンスタンドは最も身近にある危険物取扱所です。しかし、ガソリンスタンド以外にも、以下のような場所で有資格者を必要としています。

  • 危険物を製造している場所(化学工場など)
  • 危険物を保管している場所(燃料として、ガソリンや重油・軽油をストックしてある場所)
  • 危険物を販売している場所(塗料など、容器入りの危険物を販売しているところ)
  • 危険物を原料として製品を製造している場所
  • 危険物を輸送するもの(タンクローリー)
  • 危険物を移送している場所(パイプラインなど)

3.危険物取扱者の資格取得方法

この項では、危険物取扱者の資格取得方法を紹介します。

3-1.資格を取得する方法

危険物取扱者は、消防試験研究センターが主催する試験を受け、合格すれば取得できます。講習等では資格を取得することはできないので、注意してください。乙種と丙種は受験資格が定められていません。性別・年齢・学歴・国籍問わずに受験できます。一方、甲種には以下のような受験資格が必要です。

  • 大学や短大・専門学校などで化学に関する学科に進学し、卒業した
  • 大学・短大・専門学校等で化学に関する単位を15以上取得している
  • 危険物取扱者乙種を取得し、2年以上の実務経験を得た(取得した種は問わない)
  • 危険物乙種の単位を4種類以上取得した(実務経験は問わない)

これ以上詳しいことは、センターのホームページを確認してください。

3-2.試験の特徴

危険物取扱者試験の科目や試験の申し込み方法などは、こちらの記事にも詳しく記載されているので併せて読んでみてください。危険物取扱者の試験は、ほぼ毎月全国で行われています。日本中どこで試験を受けてもかまわないので、その気になれば毎月試験を受けることも可能です。試験の日程は、消防試験研究センターに記載されているので確認してみましょう。また、乙種をすでに取得している人が、ほかの類を受ける場合は試験科目が一部免除されます。ですから、乙4に合格したら、ぜひほかの類も挑戦してみてください。

3-3.勉強方法のコツ

前述したように、危険物取扱者は学生から社会人まで幅広い年代に人気の資格です。ですから、参考書や過去問題集(予想問題集)は種類もたくさんあります。独学で勉強し、合格に必要な力を身につけることも十分可能です。現在は、スマートフォン用の試験対策アプリなどもあるので、探してみてください。
一方、独学で勉強するのは難しい、と感じた場合は通信教材を利用するのも1つの方法です。SATの教材はテキストのほか、専門の講師が講義を行ったDVDやeラーニングもついてきます。eラーニングはスマートフォンでも視聴できるので、通勤時間などに勉強する際大変便利です。乙種だけでなく甲種を受験する人も、ぜひ利用してみてください。

4.危険物取扱者を活かせる仕事に関するよくある質問

この項では、危険物取扱者を活かせる仕事に関するよくある質問を紹介します。

Q.危険物取扱者試験は、乙4の合格率が低いようですが極端に難しいのですか?
A.いいえ。受験者数が多いので相対的に合格率が低くなります。試験が特別に難しいことはありません。

Q.危険物取扱者丙種を受けずに乙種を受けることはできますか?
A.はい。問題ありません。受けることができます。

Q.危険物取扱者乙種は、複数取得したほうが役立つでしょうか?
A.もちろんです。可能ならば複数取得しましょう。

Q.アルバイトやパートで危険物取扱者の資格を活用して働くことはできますか?
A.可能ですが、責任者のような立場になることは難しいこともあるでしょう。

Q.危険物取扱者の資格を活用して働く場合、危険な業務を任せられることはありますか?
A.危険な業務はほとんどありませんが、火災が起こった際は消防署への連絡を任されたりすることはあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は危険物取扱者の資格を活かせる仕事について解説しました。危険物取扱者の有資格者の監督下であれば、無資格者でも危険物を取り扱うことができます。ですから、有資格者は責任者に任命されることが多いはずです。昇給や昇進もしやすくなりますので、ぜひ資格取得を目指してみましょう。


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?