「 その他 」一覧

ガソリンスタンドの仕事内容は? 取得しておくと有利な資格を徹底解説!

ガソリンスタンドは、自動車やバイクの給油所として欠かせない場所です。近年は安さを売り物にしたセルフガソリンスタンド、整備工場やレンタカー店を併設したガソリンスタンドなど、バリエーションも増えています。店舗数が多い分アルバイトや正社員の募集も多く、働いてみようかなと思っている方もいることでしょう。

そこで、今回はガソリンスタンドの仕事内容や取得しておくと有利な資格などをご紹介しましょう。

  1. ガソリンスタンドの種類と仕事内容について
  2. ガソリンスタンドで働く際、取得しておくと有利な資格
  3. SATの教材を利用して危険物取扱者の資格を取得しよう
  4. ガソリンスタンドの仕事内容や資格に関するよくある質問

この記事を読めば、ガソリンスタンドで働くメリットなども分かりますよ。ガソリンスタンドの仕事に興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


化学工場に就職するには危険物取扱者が有利? 役立つ資格を徹底解説

化学工場とは、化学物質を取り扱う工場全般を指す言葉です。化学薬品を製造したり化学物質を含んだ製品を製造したりする工場はもちろんのこと、顔料や塗料などを製造する工場も化学工場に含まれます。化学工場では、取り扱うのに資格が必要な物質を使用することも多く、危険物取扱者や高圧ガス製造保安責任者などの有資格者を求めているところも多いのです。

そこで、今回は化学工場に就職したり転職したりする際、取得しておくと有利な資格をご紹介しましょう。

  1. 化学工場とは?
  2. 化学工場で働くために必要な資格とは?
  3. 危険物取扱者を取得する方法や勉強法について
  4. 危険物取扱者とはどのような資格?
  5. 化学工場に勤めるために必要な資格についてのよくある質問

この記事を読めば、化学工場に勤める際に有利になる資格の種類や取得の仕方が分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


消防設備士に必要な自動火災報知設備とは~感知器・受信機の種類~

火災をいち早く教える「自動火災報知設備」はとても大切です。
火災による被害をできるだけ防ぐためにも、設置しなければならない機器になります。消防設備士として働く人は必ず把握しておかなければなりません。
そこで、自動火災報知設備とは何なのか、感知器や受信機の種類、設置義務・基準について詳しく説明します。

目次

  1. 自動火災報知設備とは
  2. 感知器・受信機の種類
  3. 知っておきたい設置義務・基準
  4. まとめ

続きを読む


次世代燃料のエマルジョン燃料、その3つの特徴を徹底解説!

現在、世界的に高騰を続けている原油価格。
燃料価格の高騰は事業主にとって大きな負担となり、その問題は世界的に問題となっているのです。
そこで、注目したいのが「エマルジョン燃料」について。
従来の燃料に水を混ぜたものであり、これまでと同等の燃焼効率を持っています。

  • エマルジョン燃料の特徴を知りたい
  • どのような使い道があるのか?
  • メリットとデメリットは?

そんな人たちのために、エマルジョン燃料に関する情報をまとめてみたいと思います。

目次

  1. エマルジョン燃料とは
  2. エマルジョン燃料の特徴
  3. エマルジョン燃料の用途
  4. まとめ

続きを読む


スプリンクラー設備の仕組みとは?知るべき設備の種類や設置義務

火災が起きたとき、命を守るための役割を果たすのが「スプリンクラー」です。
実際、スプリンクラーが作動しなかったせいで亡くなるケースもあります。
とても大切な設備だからこそ、しっかり把握しなければなりません。
そこで、スプリンクラー設備の種類や仕組み、設置義務について詳しく説明します。
ぜひ危険物を取り扱う人はチェックしてくださいね。

目次

  1. スプリンクラー設備の種類
  2. スプリンクラー設備の仕組み
  3. スプリンクラーの設備義務
  4. まとめ

続きを読む


湿度と静電気の意外な関係。冬になると静電気が発生しやすい理由とは?

秋が深まるにつれて、空気も乾燥してきます。
湿度が低くなるほど発生しやすいのが静電気。
冬になると不快感が怖くてドアノブにも触れない、という方もいると思います。
ではなぜ、湿度が低くなると静電気が発生しやすくなるのでしょうか?
そこで、今回は湿度と静電気の関係をご説明します。
一口に湿度と言ってもいろいろな種類があるのです。
今回は、湿度の種類についてもご紹介しましょう。
危険物を管理する上で、静電気の防止はとても大切です。
危険物取扱者の資格を持っている方や資格取得のために勉強中の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 湿度とは?
  2. 静電気とは?
  3. 静電気と湿度の関係
  4. 静電気と危険物の関係
  5. 静電気を除去するにはどうしたらいいの?
  6. 静電気をためやすい服装、ためにくい服装とは?
  7. おわりに

続きを読む


ビルに必要な防災設備とは?設置するだけでは不十分?

10年ほど前から東京や大阪などの都市部を中心に再開発が進み、新しい高層ビルが次々とオープンしています。
限られた土地を有効活用するには、ビルは大変効果的な建物です。
しかし、火災をはじめとする災害が発生すると大きな被害が出やすいでしょう。
そこで、今回はビルに必要な防災設備をご紹介します。
ビルに火災が起こるとどのような問題があるのでしょうか?
また、いざ災害が起きたときにどうすればよいのか、ということもご紹介します。
ビルのオーナーの方や建築物環境衛生管理技術者の方は、ぜひこの記事を読んで防災の参考にしてください。

目次

  1. ビルで災害に遭遇する怖さとは?
  2. ビルに必要な防災設備とは?
  3. 防災設備は備えるだけでは不十分?
  4. 防災設備をむだにしないためにしておくべきこととは?
  5. おわりに

続きを読む


消火設備の種類を解説! 危険物施設における消火設備について

火事が起きても、きちんと消火設備が整っていれば問題ありません。
すぐ消火でき、大惨事を未然に防ぐことができます。
しかし、消火設備が整っていなければ命を失う危険性があるのです。
危険物を取り扱う場所は特に、消火設備をきちんと整えておかなければなりません。
消火設備にもさまざまな種類があるので、ぜひチェックしてください。
消火設備の種類や危険物施設における消火設備、注意点について説明します。

  1. 消火設備の種類
  2. 危険物施設における消火設備
  3. 消火設備を整える際の注意点
  4. まとめ

続きを読む


火災の種類や主な発生原因、消火について知りたい! 必要な基礎知識

総務省統計局によると、毎年の出火件数はおよそ6万件にまでおよびます。
火災を未然に防ぐためにも、火災の種類や消化法について知っておかなければなりません。
火災の原因や種類によっては消化方法が異なります。
間違った方法で消化すると、逆に火災がひどくなる危険性もあるのです。
いざというときのためにも、火災の種類と消化法を把握しておきましょう。

目次

  1. 火災の種類
  2. 火災の主な発生原因
  3. 火災の消化法
  4. まとめ

続きを読む


いざというときのために! 子供が危険物を誤飲した場合の対応方法

誤飲小さな子供は好奇心旺盛で、どんなものでも口に入れてしまいます。しかし、家庭内には意外と危険な物が多く、誤って飲み込んた場合、中毒症状を起こすものも多いのです。そこで、今回は、家庭にある危険物を子供が飲み込んでしまったときの対応方法を紹介します。しっかりと把握しておくことで、いざという際も最悪の事態を避けられるはずです。

続きを読む


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?