「 危険物について 」一覧

必読!危険物取扱者の分類を把握して試験に一発合格するための7項目

危険物取扱者の資格取得を考えている人に朗報です。危険物を取り扱う際に必要になる国家資格であり、幅広い現場で活躍できるこの資格。給料がアップしますし、転職も有利になるということで非常に人気がある資格です。業種を問わず需要の高い仕事であることから、取得を目指して試験を受ける人も多いのではないでしょうか。この資格は甲種・乙種・丙種に分類され、社会的な評価や給料の面でも違いがあります。まずは、その種類について勉強しておきましょう。この記事では、資格の分類や勉強方法などをまとめてご紹介します。

  1. 危険物取扱者について
  2. 危険物取扱者の分類について
  3. 危険物取扱者のメリット
  4. 分類別危険物取扱者の資格について
  5. 分類別危険物取扱者の試験について
  6. 危険物取扱者資格取得を目指した勉強法
  7. 危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者という資格について詳しく知ることができます。試験を受ける人は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む



危険物とLPガスの関係とは? ~危険物取扱者・関連する資格について~

LPガスは私たちの生活に必要なものです。たとえば、お湯を沸かすとき、プロパンガスに入っているLPガスを使用します。ボンベの移動や扱いは、きちんと専門の知識を持った者がおこなわなければなりません。素人が誤った扱い方をしてしまうと、火災・爆発が起きるリスクが高まります。では、LPガスを扱うには、一体どんな資格が必要なのでしょうか。そこで、本記事では、LPガスの基礎知識や保安義務・危険物に関連する資格など詳しく説明します。

  1. LPガスとは
  2. LPガスは危険物か?
  3. LPガスの保安業務について
  4. 危険物に関する資格とは
  5. 危険物取扱者と関連する資格とは
  6. LPガス・危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、LPガスや危険物の基礎知識がわかり、扱うために必要な資格を知ることができます。LPガスと危険物について知りたい方や関連する資格の取得を考えている方は必見です。

続きを読む



危険物に関する法令「消防法」を徹底解析!関連する資格とは?

日本で定められている危険物は、きちんと知識を持っている有資格者が取り扱わなければなりません。素人が取り扱えば、火災や爆発など大事故のリスクが高まります。危険物に関する知識はもちろんのこと、危険物に関する法令についても把握しておかなければなりません。そこで、危険物に関する法令や資格・試験内容など詳しく説明します。

  1. 危険物に関する法令とは
  2. 消防法とは
  3. 消防法にもとづく危険物とは
  4. 危険物に関する資格とは
  5. 危険物取扱者の資格習得について

この記事を読むことで、危険物に関する法令と資格試験について知ることができます。基礎知識を身につけて、危険物取扱者の試験に挑みましょう。

続きを読む



危険物とは?種類や指定数量など、危険物に関連する資格をご紹介!

「危険物について知りたい」「関連する資格を取得したい」など、危険物取扱者の資格取得を考えている方は多いでしょう。危険物を取り扱うためには危険物の内容についてきちんと把握しておかなければなりません。取り扱い方を少しでも間違えてしまえば大惨事になります。そこで、危険物とは何なのか、消防法による危険物・危険物に関する資格・危険物取扱者の資格習得・危険物保安管理者など詳しく説明しましょう。

  1. 危険物とは
  2. 消防法による危険物とは
  3. 危険物に関する資格とは
  4. 危険物取扱者の資格習得について
  5. 危険物保安監督者について
  6. そのほか、危険物取扱者資格と関連する資格について
  7. 危険物取扱者免状の申請について
  8. 危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者の資格取得に必要な情報が入手できます。危険物について知りたい方・資格取得を考えている方は必見です。

続きを読む



地下タンク貯蔵所はどんな決まりがあるの?危険物取扱者の基礎知識

「スキルアップしたい」「転職・就職に有利だといわれたから」と、危険物取扱者の資格取得を考えている人は多いでしょう。危険物取扱者は危険物の取り扱いはもちろんのこと、保管方法も把握しておかなければなりません。保管場所の1つに「地下タンク貯蔵所」があります。これから、地下タンク貯蔵所や危険物の保管・危険物に関する資格・試験・勉強法など詳しく説明しましょう。

  1. 地下タンク貯蔵所とは
  2. 地下タンク貯蔵所について
  3. 危険物とは
  4. 危険物の保管について
  5. 危険物に関係する資格について
  6. 危険物取扱者の試験について
  7. 危険物取扱者の勉強法
  8. 危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、地下タンク貯蔵所について詳しく知ることができます。危険物取扱者に必要な知識を身につけ、試験に挑みましょう。

続きを読む

危険物の倉庫・保管庫にはどんな決まりがある?正しい保管方法を知ろう!

「危険物を保管したいけどやり方がわからない」「保管方法が正しいか不安」など、悩んでいては安全・安心して危険物の取り扱いができません。危険物を正しく扱うためには、保管場所である倉庫や保管庫の管理を徹底することが大切です。そこで、危険物とは何なのか・危険物の保管や取り扱い・保管庫・貯蔵庫など詳しく説明します。

  1. 危険物とは
  2. 危険物の保管について
  3. 少量危険物の保管・取り扱いとは
  4. 危険物の倉庫・保管庫・貯蔵所について
  5. 危険物に関係する資格について
  6. 危険物取扱者の試験について
  7. 危険物取扱者の勉強法
  8. 危険物に関してよくある質問

この記事を読めば、危険物を正しく保管するために必要な知識を身につけることができます。危険物の倉庫や取り扱いについて知りたい方・資格を取得したい方は必見です。

続きを読む



【必読】危険物の標識とは?危険物取扱者になるための勉強法を紹介!

私たちの身のまわりには危険物がひそんでいます。特に、危険物を取り扱う事業場や工場は危ないです。危険物による事故を防ぐためにも危険物の知識を持っておかなければなりません。そこで、危険物の取り扱いに重要な「危険物の標識」について説明します。危険物の基礎知識や危険物に関する安全標識、危険物に関係する資格なども見ていきましょう。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の標識について
  3. 危険物標識のメーカー、管理者について
  4. 危険物に関係する資格について
  5. 危険物取扱者の試験について
  6. 危険物取扱者資格の勉強法
  7. 危険物の標識に関してよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格取得に必要な情報を知ることができます。危険物の標識について知りたい方、受験を考えている方は必見です。

続きを読む



指定可燃物とは?危険物取扱者を目指している人は要チェック!

「指定可燃物は聞いたことがあるけれど詳しく知らない…」という人は多いのではないのでしょうか。指定可燃物は危険物にかかわるものです。危険物を取り扱っている、または管理している人は指定可燃物について知らなければなりません。そこで、指定可燃物とは何なのか、指定可燃物に関する資格など詳しく説明します。指定可燃物について知りたい人は、ぜひチェックしてください。

  1. 指定可燃物の定義
  2. 指定可燃物について
  3. 指定可燃物に関連する資格「危険物取扱者」について
  4. 指定可燃物・危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、指定可燃物について知ることができます。

続きを読む



少量危険物の指定数量とは?消防法で定められた少量危険物について

この世にはさまざまな危険物が存在しています。たとえ、危険物の指定数量が少なくても取り扱いには専門の知識が必要です。これから、指定数量が少ない少量危険物とは何なのか、少量危険物の保管や貯蔵、危険物取扱責任者、試験、勉強法など詳しく説明します。現在、危険物取扱者の試験を考えている人や少量危険物について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 少量危険物とは
  2. 少量危険物の保管・貯蔵について
  3. 少量危険物の保管庫・取扱所について
  4. 危険物取扱責任者について
  5. 危険物取扱者の試験について
  6. 危険物取扱者のための勉強法
  7. 少量危険物・危険物取扱者に関してよくある質問

この記事を読むことで少量危険物と危険物取扱者についてわかります。

続きを読む



過炭酸ナトリウムの毒性や性質とは?どんな製品に含まれているの?

危険物とは、消防法で定められた火災や爆発を起こしやすい物質の総称です。
自動車や暖房の燃料としてなくてはならないガソリンや灯油も、危険物に指定されています。
今回は、危険物にごく最近指定された過炭酸ナトリウムの特徴や毒性についてご紹介しましょう。
危険物は消防法で定められるものですから、法律が改訂されれば危険物に指定される物質も増えたり減ったりします。
すでに危険物取扱者の資格を取得している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 過炭酸ナトリウムとはどんな物質?
  2. 過炭酸ナトリウムの毒性や危険性
  3. 危険物としての過炭酸ナトリウム
  4. 過炭酸ナトリウムをご家庭で保管する場合は?
  5. おわりに

続きを読む