「 危険物について 」一覧

危険物は、基本的に1か所の貯蔵所に同じ類のものを保管する決まりになっています。しかし、条件つきでほかの類の危険物と組み合わせて保管することが可能です。危険物取扱者の試験でも、貯蔵の条件に関する問題が出ることもあります。

そこで今回は、危険物を保管する際の条件や一緒に保管ができる類を異にする危険物について解説しましょう。

  1. 危険物の保管(貯蔵)に関する基礎知識
  2. 類の異なる危険物を同じ場所に保管する際の組み合わせや条件
  3. 危険物の保管の組み合わせに関するよくある質問

この記事を読めば、危険物の保管に関する決まりがよく分かります。危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


危険物とは、消防法で定められている火災の原因となる危険性が高い物質のことです。一定量以上の危険物を取り扱う場合、消防法によって貯蔵場所や取り扱い方が定められています。しかし、少量の危険物については定義が少なく貯蔵の仕方や取り扱い方法に悩んでいる人もいるでしょう。危険物は少量でも取り扱い方や貯蔵方法が適切でなければ、火災の危険があります。そのため、正しい取り扱い方法や貯蔵方法を知っておくことが大切です。

今回は定期点検の基準などを中心に取り扱い方や保管方法を紹介しましょう。

  1. 少量危険物の基礎知識
  2. 少量危険物の定期点検について
  3. 少量危険物の取り扱いや貯蔵に資格は必要?
  4. 少量危険物の定期点検に関するよくある質問

この記事を読めば、少量危険物の定義や保管する際の注意点もよく分かります。危険物の保管方法についてよく知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


灯油は、私たちの身近にある危険物の一種です。ストーブや給湯器・自家発電機の燃料として使われているため、常備している家庭も多いでしょう。灯油は、専用のポリタンクに入れて保存しておくことが多いですが、置き場所によっては火災の危険が増します。また、灯油は危険物のため家庭で保管できる量には限度があるのです。
今回は、灯油の置き場所や保管する際の注意点、さらに個人で保管できる量などについて解説しましょう。

  1. 灯油の最適な置き場所は?
  2. 個人で保管できる灯油の量は?
  3. 事業所で灯油を保管しておく場合
  4. 灯油の置き場に関するよくある質問

この記事を読めば、灯油を安全に保管する方法や危険物としての取り扱い方も分かります。灯油を家や職場に常備しているという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


特定化学物質とは、労働安全衛生法によって定められた労働者に健康障害を発生させる可能性が高い化学物質の総称です。特定化学物質に定められた物質を扱ったり製造したりするためには、さまざまな規則が定められています。
今回は特定化学物質の概要や、取り扱うための決まりや必要な資格などを解説しましょう。

  1. 特定化学物質の基礎知識
  2. 特定化学物質を扱うために必要な決まりや資格
  3. 特定化学物質に関するよくある質問

この記事を読めば、特定化学物質に関する規則や取り扱うための資格取得の方法がよく分かります。特定化学物質を取り扱う職場で働いている人や、転職を考えている人はぜひ読んでみてください。

続きを読む


ガソリンと軽油は、どちらも自動車の燃料として使われており、ガソリンスタンドで販売されています。では、ガソリンと軽油の違いは何か? と聞かれたらどうでしょうか? 即座に答えられる人は少ないと思います。危険物取扱者の資格試験を受ける場合、危険物それぞれの特徴を知っておかなければなりません。
そこで、今回はガソリンと軽油の違いについて解説します。

  1. ガソリンの特徴や性質とは?
  2. 軽油の特徴や性質とは?
  3. ガソリンと軽油の違いについて
  4. 危険物取扱者の資格取得方法
  5. ガソリン・軽油と危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、ガソリンと軽油の違いはバッチリです。危険物取扱者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


第三石油類とは、危険物第4類に分類されている引火性液体の一種です。引火性液体には石油を原料とする物質が多いので、引火点によって第1~第4まで分類されています。危険物取扱者乙種4類を受験する方にとっては、覚えなければならないこともたくさんあることでしょう。
そこで、今回は第三石油類の種類や特徴等をご紹介します。

  1. 危険物第4類とは?
  2. 第三石油類の特徴などについて
  3. 危険物取扱者乙種4類の資格取得方法
  4. 第三石油類に対するよくある質問

この記事を読めば、試験対策にも役立つことでしょう。危険物取扱者乙種4類の取得目指して勉強をしている方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物とは、消防法によって取り扱い方や保管方法が規制されている物質の総称です。危険物に指定されるかどうかは、「危険物確認試験」という方法で、引火点の有無や爆発する危険性を確認し、判断されます。危険物確認試験を受けた結果、危険物に認定されなかった可燃物が、非危険物です。危険物取扱者の試験勉強をしていると、この言葉を目にする機会も多いでしょう。
そこで、今回は非危険物について解説します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 非危険物とは何か
  3. 危険物取扱者の資格取得について
  4. 危険物・非危険物に対するよくある質問

この記事を読めば、危険物についての理解が深まること間違いなしです。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


灯油や軽油などは非水溶性の第二石油類、酢酸やプロピオンなどは水溶性の第二石油類となります。第二石油類は常温では引火しませんが、乙種第4類危険物に該当するため、扱いや管理には十分に注意しなければなりません。扱い方や管理を誤れば、火災や爆発の危険があります。また、これらを扱うためには、関連資格の取得が必要です。本記事では、第二石油類の基礎知識や種類・関連する資格について説明します。

  1. 第二石油類の基礎知識
  2. 第二石油類の種類について
  3. 第二石油類に関連する資格について
  4. 第二石油類に関してよくある質問

この記事を読むことで、第二石油類について詳しく知ることができます。資格取得を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


動植物油類とは、動植物から抽出した油の中で、1気圧の時の引火点が250度未満のものです。私たちが食用油として使っているものの中にも、動植物油類に分類されているものがあります。危険物では第4類に分類されており、指定数量以上を取り扱ったり貯蔵したりする場合は、危険物取扱者の資格が必要です。資格試験でも、動植物油類について出題されることもあるでしょう。

そこで、今回は動植物油脂類の特徴などについて解説します。

  1. 動植物油類とはどのような物質?
  2. 動植物油類の特徴や消化方法などについて
  3. 動植物油類を取り扱える資格について
  4. 動植物油脂類や危険物取扱者に対するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の資格を取得する方法なども分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


第1石油類とは、危険物第4類に分類されている引火性液体の一種です。文字どおり石油を原料としており、引火点が低く火災の危険性が高いという特徴があります。危険物取扱者乙種4類を取得するために受験勉強に励んでいる方の中には、石油類は種類も多く、特徴などを覚えるのに苦労している方もいることでしょう。

そこで、今回は第1石油類の特徴などを解説します。

  1. 石油類って何?
  2. 第1石油類の特徴について
  3. 第1石油類の取り扱い・貯蔵に関する資格について
  4. 第1石油類に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の試験勉強のコツも分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?