「 危険物取扱者の業務内容 」一覧

ガソリンは車やバイクの燃料として、私たちの生活に欠かせないものです。その一方で大変揮発性が高く引火点が低いので、扱い方を間違えると、火災の原因にもなります。そのため、一定量以上のガソリンの取り扱いや保管には、危険物取扱者の資格が必要です。では、資格を取得するにはどうすればいいのでしょうか?
そこで、今回はガソリンの取り扱いや保管ができる、危険物取扱者について解説します。

  1. ガソリンの重要性と危険性について
  2. ガソリンを取り扱ったり保管したりする場所とは?
  3. 危険物取扱者について
  4. ガソリンの取り扱いに関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、資格を取得するメリットや方法もよく分かることでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


石油会社は、景気の波に影響を受けにくく好待遇であることから、安定して長く働くことを望む就職希望者から高い人気を誇ります。希望どおりの会社に就職を果たすためには、ライバルたちより有利な条件を備える必要があるでしょう。たとえば、実務に役立つ資格を取得することもひとつの方法です。しかし、どんな資格が有利になるのかなど、よくわからないことも多いでしょう。そこで、今回は、石油会社に就職するコツについて、必要な資格取得の内容も含めて詳しく解説します。

  1. 石油会社について
  2. 石油会社の就職について
  3. 石油会社へ就職するには
  4. 石油会社の就職と危険物取扱者
  5. 危険物取扱者の試験について
  6. 石油会社の就職でよくある質問

この記事を読むことで、石油会社への就職を実現するために必要な知識が身につき、有利に進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

続きを読む


危険物とは、消防法によって指定されている火災を起こしやすい物質の総称です。ガソリンや灯油など、私たちの生活に欠かせないものの中にも、危険物に指定されているものはたくさんあります。危険物は消防法によって取り扱いや保管の方法が定められており、それに反すると違反処理の対象になるのです。違反処理はマニュアル化されたものがネットにも掲載されていますが、分かりにくいという方もいるでしょう。
そこで、今回は危険物の違反処理について解説します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の違反処理とは何か?
  3. 危険物の違反処理の流れや種類
  4. 違反処理に対するよくある質問

この記事を読めば、違反処理の内容や違反処理を行うまでの流れもわかるでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物を取り扱う企業では、火災などの事故が怖いものです。特に、ガソリンなどの引火性液体は、取り扱いを間違えると大事故につながってしまいます。そのため、万が一のときの対策として、事業所内に自衛消防組織を編成しているのです。しかし、どんな活動をしているのか、よくわからない人もいることでしょう。そこで、今回は、自衛消防組織について詳しく解説します。

  1. 自衛消防組織とは自衛消防組織の概要を学ぼう
  2. 自衛消防組織の編成について
  3. 自衛消防組織の設置と届け出
  4. 自衛消防組織の講習について
  5. 自衛消防組織に関するよくある質問

この記事を読むことで、自衛消防組織について詳しい知識が身に付き、必要な資格取得に向けて準備を進めることができます。ぜひじっくり読んでみてください。

続きを読む


安全データシート(SDS)とは、人体にとって有害な成分が含まれている化学物質を販売する際、業者が提出する資料のことです。化学物質等の性状や取り扱いに関する情報が記載されており、法令によって統一した書式で作成して提出するように、定められています。リスクアセスメントを行うために不可欠な資料です。

今回は、安全データシートの作成が義務づけられている物質や、記載内容について解説しましょう。

  1. 安全データシートの基礎知識
  2. 安全データシートの活用方法
  3. 安全データシートに対するよくある質問

この記事を読めば、安全データシートの重要性もよく分かりますよ。安全管理を職務としている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物の取り扱いや貯蔵を行う場所は、必ず消火設備を整えておかなければなりません。危険物による火災や爆発が起きた際、消火設備が整っていれば被害を最小限に抑えることができます。消火設備をきちんと整えていなければ、その場で働く人たちの命を失う可能性もあるのです。基本的に、消火設備は取り扱う危険物の種類に合わせて整備する必要があります。きちんと消火設備を整えるためには、危険物施設に関する知識を持っておかなければなりません。そこで、本記事では、危険物施設や消火設備の基礎知識・危険物取扱者について説明します。

  1. 危険物施設について
  2. 消火設備について
  3. 危険物施設における消火設備について
  4. 危険物取扱者について
  5. 危険物施設や資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物施設の消火設備について知ることができます。危険物取扱者の資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


警報設備とは、火災や危険物の流出が発生した時に危険を知らせ、避難を促すための設備です。指定数量の倍数が10以上の危険物を製造している設備などでは、設置が義務づけられています。また、警報設備と共に避難設備の設置も必要であり、これらは定期的な整備も必要です。

今回は、警報設備の設置基準や保守整備を行う方法などを紹介します。

  1. 警報設備の基礎知識
  2. 警報設備が必要な場所などについて
  3. 保守点検を行う資格について
  4. 警報設備に関するよくある質問

この記事を読めば、警報設備の大切さだけでなく取り扱える資格などもよく分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で指定されている「危険物」の取り扱いや保安監督業務ができる資格です。ガソリンや灯油など私たちの生活になくてはならない物質も危険物に指定されているため、有資格者を求めている職場は皆さんが考えているよりもたくさんあります。また、受験資格が定められていないので、誰でも受験することが可能です。今まで全く危険物と無縁の仕事をしてきた方が、取得にチャレンジするケースも珍しくありません。

そこで、今回は危険物取扱者の需要や求人についてご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者について
  2. 危険物取扱者の需要について
  3. 危険物取扱者の資格を効率よく取得する方法
  4. 危険物取扱者の需要や求人に対するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者を求める職場についてもよく分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物保安監督者とは、危険物の取扱作業において保安の監督業務を行う者のことをいいます。消防法で特定の施設に選任が義務づけられており、危険物施設保安員を支持して危険物の製造所や貯蔵所の安全点検なども行うことが可能です。危険物取扱者の資格を取得した後に、危険物保安監督者を目指して実務経験を積む方も多いことでしょう。

そこで、今回は危険物保安監督者の届出義務や選任義務について解説します。

  1. 危険物って何?
  2. 危険物保安監督者について
  3. ​危険物保安監督者の選任と届出について
  4. 危険物取扱者を取得する方法について
  5. 危険物保安監督者に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物保安監督者になる方法もよく分かることでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で定められている危険物の取り扱いや、定期点検・保安の監督などができる仕事です。ガソリンスタンド・化学工場・石油貯蔵庫など、大量の危険物を保管したり取り扱ったりしている場所は、危険物取扱者の有資格者を常駐させておく必要があります。
社会人にも人気の資格であり、取得を目指している方も大勢いることでしょう。

そこで、今回は危険物取扱者の求人や有資格者の就活についてご紹介します。

  1. 危険物取扱者に関する基礎知識
  2. 危険物取扱者の求人について
  3. 危険物取扱者の資格を取得する方法
  4. 危険物取扱者の求人に関するよくある質問

この記事を読めば、危険物取扱者の有資格者がどのような職場で必要とされているのか、よくわかるでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?