「 危険物取扱者資格とは 」一覧

甲種危険物取扱者は、危険物取扱者の中で最も上位の資格区分です。取得を目指してがんばっている人も多いことでしょう。その一方で、「甲種には興味があるが、取得するメリットがよく分からない」という人もいると思います。
そこで、今回は甲種危険物取扱者を取得するメリットや取得方法を解説しましょう。

  1. 甲種危険物取扱者の基礎知識
  2. 甲種危険物取扱者を取得するメリット
  3. 甲種危険物取扱者の資格取得方法
  4. 甲種危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読めば、勉強のコツなどもよく分かります。甲種危険物取扱者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


危険物の取り扱いができる国家資格「危険物取扱者」の種類には、甲種・乙種・丙種(へいしゅ)の3種類があります。この中でも最も難易度が高く、幅広い職場で有利となるのが甲種です。甲種危険物取扱者は、すべての危険物の取り扱いと保管ができます。乙種と丙種は取り扱いができる危険物が限られているため、働く現場も限られているのです。つまり、甲種を取得すれば、就職・転職に有利な状況となるでしょう。しかし、危険物取扱者甲種の就職傾向や就職先はどのようになっているのか気になるはずです。そこで、本記事では、危険物取扱者甲種の就職を解説します。

  1. 危険物取扱者甲種の就職傾向は?
  2. 危険物取扱者甲種の就職先は?
  3. 危険物取扱者甲種の資格の取得方法
  4. 危険物取扱者甲種の勉強法は?
  5. 危険物取扱者甲種に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者甲種の就職傾向と資格の取得方法が分かります。取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で規定する危険物の取り扱い・定期点検・保守の監督を行うために必要な国家資格です。資格を取得するためには、危険物取扱者の国家試験に合格しなければなりません。危険物取扱者の資格種類はいくつかあり、同時に複数受けることも可能です。ただし、資格種類によって受験資格が異なるため、事前に把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、危険物取扱者の基礎知識・試験内容・複数試験の組み合わせについて解説します。

  1. 危険物取扱者の基礎知識
  2. 危険物取扱者の試験について
  3. 危険物取扱者の複数受験とは
  4. 危険物取扱者の複数受験の受け方
  5. 危険物取扱者に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者の試験や複数受験について分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

続きを読む


化学メーカーは、安定している企業が多いため、就職や転職で人気です。ですから、就職試験でライバルたちに勝つためには、資格を取得することをおすすめします。未経験者であっても資格を取得したことでやる気と基礎知識があることをアピールでき、企業からも即戦力として期待されるでしょう。今回は、化学メーカーに就職するときに取得を目指すべき資格について詳しく解説します。

  1. 化学メーカーとは
  2. 化学メーカーの転職・就職について
  3. 化学メーカーに必要な資格について
  4. 危険物乙4の資格取得について
  5. 化学メーカーの資格に関するよくある質問

この記事を読むことで、化学メーカーの就職に必要な資格について深く知ることができ、取得に向けて有意義な対策を採ることができます。本気で就職を目指すのなら必見です。ぜひじっくり記事を読んでみてください。

続きを読む


危険物取扱者とは、危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことのできる国家資格です。ガソリンスタンドで働く際に必要な資格、というイメージを持っている方も多いことでしょう。これ以外にも有資格者を必要としている職場は多く、転職や就職に有利な資格として、人気があります。取得すれば昇給ものぞめるでしょう。また、資格を活かして就職した場合の収入が気になる方も多いと思います。

そこで、危険物取扱者の年収について解説しましょう。

  1. 危険物取扱者の基礎知識
  2. 危険物取扱者の年収について
  3. 危険物取扱者の試験について
  4. 危険物取扱者に対するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得すれば収入がどれだけ増加するかも分かりますよ。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


危険物の取り扱いや保管をするためには、「危険物取扱者」という資格を取得しておかなければなりません。誤った方法で保管・取り扱いをしてしまうと、火災や爆発の恐れがあります。また、危険物取扱者は、取り扱う危険物の分類によって、資格の種類も異なるものです。そのため、自分が取り扱う危険物の分類をきちんと把握して、適切な資格を取得しておかなければなりません。そこで本記事では、危険物の基礎知識や分類について、どのような特徴があるのか、詳しく説明します。

  1. 危険物の基礎知識
  2. 危険物の分類について
  3. 危険物1類~9類について
  4. 危険物取扱者の試験概要と勉強法について
  5. 危険物に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物取扱者の資格取得に必要な危険物の分類について知ることができます。試験を考えている方はぜひ参考にしてください。

続きを読む


国家資格である危険物取扱者と薬剤師の2つは、意外と身近な資格でもあります。薬剤師が取得できる資格は多く、その中には危険物取扱者も含まれているのです。薬剤師として働く中で危険物を扱いたい方は、資格の基本情報や資格内容を把握しておかなければなりません。危険物取扱者と薬剤師の資格には、一体どのような関係があるのでしょうか。

そこで本記事では、それぞれの資格概要や関係性・両方を取得するメリットなどについて詳しく説明します。

  1. 危険物取扱者資格とは
  2. 薬剤師について
  3. 危険物取扱者資格と薬剤師資格について
  4. 危険物取扱者資格と薬剤師資格の両方を持つメリット
  5. 危険物取扱者と薬剤師に関してよくある質問

この記事を読むことで、薬剤師が危険物取扱者の資格を取得するために必要な情報を得ることができます。ぜひチェックしてください。

続きを読む


危険物取扱者とは、消防法で指定されている危険物の取扱・保管・監督ができる資格です。中でも乙種4類、通称乙4は人気が高く、危険物取扱者の代名詞のようになっています。乙4は私たちにとって一番身近な危険物であるガソリンや灯油といった引火性の液体を扱うことができるため、資格を生かして働ける職場も豊富です。

そこで、今回は危険物取扱者乙4を取得している方の就職事情などをご紹介しましょう。

  1. 危険物取扱者乙種4類の就職事情
  2. 乙4の有資格者向け求人の探し方
  3. 危険物取扱者乙種4類を取得する方法
  4. 危険物取扱者乙種4類の勉強方法について
  5. おすすめの参考書
  6. 危険物取扱者乙4に関するよくある質問

就職や転職に資格がどのくらい有利に働くかが分かれば、勉強する気力もアップします。危険物乙4の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む


危険物取扱者は危険物に関するプロとして必要不可欠なため、企業から引く手あまたです。危険物の扱いを間違うと、重大な事故や労災が発生します。ときには、企業だけでなく周辺住民にも被害が広がってしまうこともあるでしょう。危険物の取り扱いは、安全かつ慎重に行う必要があるのです。資格取得者は、常に需要が高いため就職などに有利となります。今回は、危険物取扱者の資格取得のために有効な手段として、過去問の利用方法を詳しく解説しましょう。資格取得を目指している人や過去問について知りたい人には、とても有益な内容ですよ。

  1. 危険物取扱者について
  2. 危険物取扱者試験について解説
  3. 危険物取扱者試験の過去問について
  4. 過去問の活用方法を伝授!
  5. 危険物取扱者の過去問についてよくある質問

危険物取扱者の資格取得は過去問マスターが鍵!

この記事を読めば、危険物取扱者の過去問について詳しくなり合格への道が開けます。合格するためには、過去問を利用して効率よく学習することが大切です。また。過去問の活用方法を資格の種類別などでも解説しているので参考にしてくださいね。

続きを読む


危険物を貯蔵する場所では、消防法に基づいた管理をしなければなりません。きちんと法律のに沿った管理をしなければ、火災や爆発などの大事故につながります。地下に危険物を貯蔵する「地下タンク貯蔵所」も危険物の保管場所になるため、徹底した管理と点検が必要です。特に、点検は安全を維持し続けるために必要な作業になります。そこで、本記事では、危険物の地下タンク貯蔵所について、点検内容や危険物取扱者など詳しく説明しましょう。

  1. 危険物の地下タンク貯蔵所について
  2. 危険物の地下タンク点検について
  3. 危険物に関係する資格について
  4. 危険物取扱者の試験について
  5. 危険物取扱者資格の勉強法について
  6. 危険物の地下タンク貯蔵所に関してよくある質問

この記事を読むことで、危険物の地下タンク貯蔵所における基礎知識を身につけることができます。危険物の地下タンクの点検について知りたい方や試験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


危険物乙4試験に最短3日で合格する方法は?